フィナバルドの効果と副作用について

フィナバルドの効果と副作用について

 

フィナステリドほど有名ではないですが、フィナバルドはAGAの治療薬でジェネリック医薬品です。AGAとは男性型脱毛症を指し、成人男子に見られる薄毛の状態です。症状は進行性であり、額の生え際から毛が抜けていくパターンや、頭頂部から徐々に薄毛が進行していくパターンなどがあり、額と頭頂部の両方から症状が進むパターンもあります。AGAの発症には男性ホルモンの影響が大きいと考えられており、またホルモンの分泌には遺伝が大きな要因となると推定されています。

 

髪の毛には決まった長さの寿命があります。成長期で伸び、退行期で抜け落ち、休息を挟んでまた伸びだすというサイクルがあります。AGAの症状がみられる場所では、原因物質と考えられるジヒドロテストステロンが高濃度で存在しています。これにより髪の毛を生み出す元になる毛包が発育不良の状態となって、髪の毛は十分な太さと長さに育つ前に抜けてしまいます。次に生えてくるものは更に細く短い状態のうちに抜けてしまい、症状が進行すると最終的には産毛のような毛が生えるのみとなってしまいます。フィナバルドには、有効成分としてフィナステリドが配合されています。
フィナステリドとは違うものです。

 

これは原因物質であるジヒドロテストステロンを作り出す還元酵素の働きを阻害する効果があり、AGA治療に最も有効な成分とされています。またフィナバルドは特許の切れた先発医薬品の成分を使用したジェネリック医薬品であるため、価格が安く提供されています。AGAの治療には長期のフィナステリドの摂取が効果的とされるため、患者の費用の負担を大きく軽減させることができます。フィナバルドの副作用としては、性欲の減退や肝機能障害の可能性が指摘されています。ただし、性欲に影響する男性ホルモンを直接減少させる薬ではないため、性欲の減退には直接影響しないとの意見もあります。また服用後抜け毛の量が増える場合がありますが、これは退行期の髪の毛が新しい髪の生える準備のために抜けるもので、薬の効果が出ている状態といえます。

 

AGA(男性型脱毛症)治療に有効な医薬品としてフィナステリドがあり、日本ではプロペシアという商品名で販売されています。
フィナステリドは、AGAの原因となる男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の生成をストップさせる働きを持っているため、脱毛や薄毛の改善に効果が高い医薬品です。

 

プロペシア及びその元祖であるプロスカーには国内外にジェネリック医薬品(後発医薬品)があり、どのジェネリック品もプロペシアと同じようにフィナステリドを成分をしているため、AGA治療に効果があります。ジェネリック品はプロペシアより安価に購入することができるため、費用を抑えてフィナステリドによるAGA治療を行いたい人に人気を集めています。

 

日本で取扱われているプロペシアジェネリック品としては、ファイザー社から販売されている「フィナステリド錠 ファイザー」がありますが、日本の厳しい審査や規制をクリアしている日本向け商品のため、医師から処方されることもある安心感が高い医薬品である代わりに、プロペシアより安価ながらその価格差は少ないといった点があります。
それに比べると、海外のジェネリック品はさらに安価で購入することができます。しかし日本の病院や専門機関の処方は認められていないため、インターネット通販などの個人輸入サイトなどから自己の責任に基づいて購入する必要があります。
海外のプロスカージェネリック品としては「フィンペシア」が有名ですが、日本で食品添加が禁止されている発ガン性物質の疑いがあるキノリンイエローというタール色素をコーティング剤に使用していたため、フィンペシアを使う人が少なくなりました。
その他にも、フィナステリド含有のジェネリック品として「フィナックス」「フィナロ」などがありますが、特に安いと人気を集めているのがパキスタンのEast West Pharma社が販売している「フィナバルド」です。

 

プロペシアと同じように、フィナステリドによるAGA治療の効果を見込めて、キノリンイエローも不使用で低価格、という点で評価されていますが、プロペシアと同じ副作用の症状があることと、インターネット通販には偽造品のリスクが伴うことから、購入時には注意が必要です。
フィナステリドを調べた結果はこちら