フィナックスの効果と副作用について

フィナックスの効果と副作用について

 

フィナックスは、薄毛に悩む男性脱毛症に対する発毛促進を図る飲み薬になります。
フィナックスは、ジェネリック薬品として発売されており、値段としても手に入り易いことから、利用者も増えています。
ジェネリックの大元であるプロペシアは、前立腺肥大の治療薬として開発されたものになります。多くの臨床データから、前立腺肥大の治療中の患者の頭髪に発毛が見られたことによって、その効果を生かして薄毛の治療にも応用されています。
フィナックスの副作用は、男性ホルモンを調整することにあるため、精力の低下などが起こることがあります。但し、服用者の全てにその傾向が強くみられる訳ではなく個人差があります。その他に、倦怠感、食欲不振、発熱などの体調の変化や皮膚表面の発疹や痒みといったものが起こる場合があります。薬そのものをアレルギーととらえる体質の場合は、使用を見合わせたほうが安全になります。
フィナックスの効果は、年齢層として若い世代ほど発毛の成果の現れやすさがあります。また、薄毛が始まりつつある初期の段階での事前の予防策としても有効です。また、ホルモンの分泌が盛んになる睡眠中を生かすために、就寝前に服用することも効果を高めることにつながります。
一方で、フィナックスの効果が及ばない薄毛の症状があります。円形脱毛症などは、精神面が影響していることも多く、その根底の部分の改善がおこなわれないことには元通りに修復することに難しさがあります。また、女性の薄毛、脱毛に対しては使用を控えることになります。女性ホルモンとの兼ね合いの難しさから、体調を崩しがちになります。
フィナックスは、医師の処方に基づいて使用することが大切になります。服用を続けていても発毛の効果があらわれにくい場合や、副作用が強まっていく傾向があるときは、早めに医師の診断を仰いで対策を講じる必要があります。その他の薬を併用している場合も指導を受けることが大切です。
フィナステリドも同様で医師の診断に任せて服用する事をおすすめします。

 

「フィナックス」は、AGA(男性型脱毛症)治療薬として認可されている「プロペシア」と同じ効果が期待されるジェネリック医薬品(後発医薬品)です。

 

フィナステリドやプロペシアは、AGAの原因となる男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の生成をストップさせるフィナステリドを成分とした医薬品で、AGAによる脱毛や薄毛の進行を抑えることができます。
フィナックスは、そのプロペシアの元祖である「プロスカー」のジェネリック医薬品としてインドのドクターレディー社が販売している医薬品です。プロペシアと同じフィナステリドの有効成分を持ちインターネット通販で安価に購入できるので、AGA治療の選択肢の一つとなっています。

 

フィナックスと同じプロスカーのジェネリック品として、インドのシプラ(Cipla)社が販売する「フェンペシア」があります。
フェンペシアは、コーティング剤として使用していた着色剤のキノリンイエローが、日本では食品への使用が禁止されている物質であり発ガン性物質だと懸念する声もあったため、たとえプロペシアより安価でも購入を控える人がいました。
フェンペシアは怖いが安価にフィナステリド薬を入手したい、という人に選ばれていたのが、フィナックスです。フィナックスは、フェンペシアと同様プロスカーのジェネリック医薬品ですがキノリンイエローが不使用であったため、その分安心して服用できる点がフィナステリドと並んで人気の理由です。
ただし、日本の病院などでは処方されてないため、インターネット通販の個人輸入サイトなどでのみ入手することが可能です。日本での知名度はそこまで高くないため通販で取扱っているサイト自体も少ないのですが、プロペシアより価格が安いので、安価でAGA治療を行いたい場合はフィナックスの選択肢も検討してみるとよいでしょう。
ただし、プロペシアと同様の副作用として、一部の服用者に性欲減退、勃起不全、肝機能障害による倦怠感、食欲不振などの副作用があらわれる場合があります。
また、インターネット通販による医薬品購入は偽造品も多く出回っているため、購入時には注意をしましょう。

 

 

フィナステリドを調べた結果はこちら