ツゲインは薄毛治療に効果的な一方で副作用の報告も

ツゲインは薄毛治療に効果的な一方で副作用の報告も

 

ツゲインは、AGA治療に絶大な効果を発揮すると言われている育毛剤で、ロゲインのジェネリック医薬品なので、ロゲインよりも、かなり安く購入することが出来ます。ツゲインには、ミノキシジルと言う成分が含有されていますが、ミノキシジルは元々は、降圧剤として使用されていました。ところが、ミノキシジルを服用していた患者の体毛が濃くなったことから、頭皮の脱毛症に対する臨床試験が行われるようになり、やがて、発毛に効果がある薬剤として、広く知られるようになりました。ツゲインは、18歳以上の男女が使用可能で、頭皮に塗布するタイプの育毛剤です。

 

主に頭頂部の薄毛に有効とされていますが、4カ月程度使い続けることで、何かしらの発毛が、期待出来るとされています。使用方法は、朝晩の1日2回、薄毛が気になる頭皮に、直接塗布します。それ以上の使用は、副作用の危険性を高めるだけなので、用量には注意が必要です。また、洗髪後のきれいな頭皮に使用するとさらに効果的ですが、ツゲインは、4時間ほどで頭皮に浸透するため、その間の洗髪は避けた方が良いです。また、整髪料などと併用も出来ますが、ツゲインをしっかりと乾かしてから整髪料を使用すると良いです。ツゲインは、AGAの治療薬として使用されるため、専門病院などで診察を受けることにより、処方してもらうことが出来ます。

 

専門医での診察と診療を早期に行うことで、薄毛の進行を止めることが出来るとともに、専門医による有効なアドバイスを受けることが出来ます。ツゲインは、用量と用法をしっかりと守って使用していれば、全く問題はありませんが、副作用も報告されています。例えば、頭皮の痒みやアレルギー反応・手足のしびれや心臓への負担・肝機能障害や意識障害などの症状が出ることがあります。万が一副作用が生じた場合には、すぐに使用を中止し、医師に相談をすることが大切です。多くの場合、使用を中止することで、副作用も治まります。
しかし、日本の医師はフィナステリドをすすめることが多く、フィナステリドの方が知名度が高いのが現状です。

 

フィナステリドを調べた結果はこちら