デュタス(デュタステリド)の作用と副作用

男性の薄毛の大半はAGAであり、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼにより変質して生じるDHTという物質が根元的な要因となります。
DHTが生え際から頭のてっぺんにかけて存在する毛乳頭細胞と合体する事により、本当は数年は続く毛髪の成長期が6か月程度まで短縮されてしまいます。しかも、髪の毛の生まれ変わりも滞るので、薄毛が悪化する事になります。
日本人について言うと、25〜40歳ぐらいで発症する場合が大半で、それ以降は生え際が下がって頭のてっぺんまでの髪の毛が完全に消えてしまう事もあります。
身体の中で作られる物質のせいですから、育毛剤で血流の促進だけをしていても解消は望めません。髪の毛に栄養が届いたとしても、すぐに抜け落ちてしまうからです。
ただし今では、フィナステリドという薬品を使えば、薄毛の悪化を高確率で防止する事ができるようになっています。AGAの元凶であるDHTの生成に関わっている5αリダクターゼ-Uの活発化をブロックし、髪の毛は元々の成長能力を取り返す事になります。
フィナステリドを超える能力を持っているとして、近年デュタス(デュタステリド)の人気が高まっています。デュタス(デュタステリド)はプロペシアと違い、5αリダクターゼ-Uのみならず、5αリダクターゼ-Tにも働きかける事が特徴です。国内ではAGA治療薬品としてまだ未認可ですが、韓国ではすでに出回っています。
デュタス(デュタステリド)の薬効は、プロペシア以上ですから、DHT阻害力も強いです。
ただ、デュタス(デュタステリド)を使用すると、DHTの働きが過剰に衰え、DHTによってなされる男性生殖などの成長が阻害される可能性があります。ですから、20歳以下の方や女性の方のデュタス(デュタステリド)の使用は、副作用の事を考慮した上で、厳禁とされています。