DHT(ジヒドロテストステロン)の作用と副作用と医薬品を解説

DHT(ジヒドロテストステロン)は男性ホルモンの一種であり、酵素と合わさる事で生成されます。DHT(ジヒドロテストステロン)により、髭や身体の毛が濃くなりますが、反面、前立腺肥大や薄毛を引き起こす可能性もあります。
DHT(ジヒドロテストステロン)はAGAに関して知名度が高く、DHT(ジヒドロテストステロン)の発生をブロックすればAGAを予防することができます。
前立腺肥大の治癒活動をしていた男性の毛髪が増えた事から、DHT(ジヒドロテストステロン)を抑える事は、AGAの予防にも繋がると分かりました。
DHT(ジヒドロテストステロン)を抑える治療薬品は威力が絶大で、AGA治療をする際の初手として選ばれます。しかし作用としては育毛や脱毛防止にほぼ限定されており、発毛作用はほぼありません。
発毛も狙うのであれば、別の薬品が要ります。ですが脱毛の元凶のDHT(ジヒドロテストステロン)をブロックする事はやはり重要なので、AGA治療の際に外す事は出来ません。
薬品はフィナステリドという名前で、その中で最も有名なものはプロペシアです。もしも海外で購入する場合は、フィナステリドというものも手に入ります。近年はプロペシアのジェネリックもありますので、やや安価で手に入るはずです。
AGA治療は保険の対象外であり、医療費用はどうしても高くなります。
ですが、前立腺肥大に関しては保険が適用されます。副作用としては、食欲減退、乳房の女性か、性欲低下などがありますが、掛かる確率はかなり低いです。摂取目安は1日1回です。
リスクも少ないので、病院などで一度題してもらいチャレンジする事をお勧めします。そこで安全性が分かれば、次からは個人輸入をして費用を抑えるのもいいでしょう。