ハリフィンを使った際の作用と副作用を解説

ハリフィンの作用は主に、発毛、育毛、前立腺肥大の改善などです。そして使用の大半はAGA(男性型脱毛症)治療目的となっています。
ハリフィンの主要成分はフィナステリドであり、AGAの要因であるDHTの発生をブロックし、脱毛を防止する作用があります。作用が表れ始めるのは、使用から約3か月前後であり6〜12か月と使い続ければ、さらなる大きな作用を望めます。
逆に言えば、上記の期間使っても効かないのであれば、ハリフィンとの相性が悪いという事なので、見切りを付けてしまった方が良いでしょう。
ハリフィンにはフィナステリドが含有されていますが、同じくフィナステリドが含有されていて世界的に認可されているAGA治療薬品の後追い薬品であり、いわゆるジェネリックです。
開発元はタイの製薬会社ですが、先行薬品と同じ高品質を保たなければジェネリックとして認められることはありません。ですから、品質に対して各種の不安を抱く事はないのです。
ですが、薬品である事に間違いはありませんから、副作用の事は把握しておきましょう。
ハリフィンの副作用は、食欲低下、発熱、吐き気などです。
しかし軽度ですし、長くその状態が継続する事もないので、それほど心配はいりません。
ただし性機能の衰えや、肝機能障害については、重くとらえておくべきです。
重い副作用が起きる確率は非常に低いですが、もしも異変が表れたら即座に医療機関で診てもらいましょう。肝機能障害を既に抱えている方の使用は、さらなる悪化を招く可能性があるので推奨されていません。
AGA治療よりも命の方が大切です。医者のいう事には全面的に従いましょう。