シェンミンDHTブロッカーの作用と副作用をご紹介

AGAは男性の3割が掛かる症状であり、生え際から頭頂部にかけての毛髪が弱くなってしまいます。25〜40歳ぐらいが発症率のピークで、40代を迎えると生え際から頭頂部の髪の毛がほぼ100%抜けてしまう場合もあります。
AGAの要因物質であるDHTは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼによって変化して生成されます。
このAGAが、毛根における毛乳頭細胞の男性ホルモンレセプターと合わさる事により、髪の毛の成長周期が乱され、普通は2~5年ほどは継続する成長期がわずか6か月ほどになってしまうのです。ゆえに髪の毛が短いのにも関わらず抜け落ちてしまうのです。
シェンミンDHTブロッカーは、製品名の通り、AGAの要因物質の発生を抑える事ができる育毛サプリです。加えて老化の要因物質である活性酵素の動きを抑える効果を持つ自然ハーブやミネラルも含有しており、脱毛を防ぐのみならず発毛を促す作用も望めます。
シェンミンDHTブロッカーにより、DHTの発生量が減り、髪の毛の成長周期が正常に戻ります。これにより早く抜け落ちていた髪の毛が2~5年ほどは成長するようになり、薄毛が解消されるのです。また、シェンミンDHTブロッカーには、髪の毛を頑強にする成分も入っているので、髪の毛の健全な成長も手助けするのです。
シェンミンDHTブロッカーには、ほぼ副作用の心配はありません。なぜならフィナステリドの様に医薬品ではないからです。つまり育毛の犠牲になるものはないという事です。
ただ、お酒の飲み過ぎなどで肝臓が衰えている方や、フィナステリドも同じですが、18歳以下の方のシェンミンDHTブロッカーの利用は厳禁です。加えて、大豆アレルギー体質の方は、事前の医師への報告が奨励されています。
飲み方は、1日2度、1粒ずつの使用で、3〜4か月ほどの継続が望ましいとされています。