AGA(男性型脱毛症)治療に有効な医薬品のフィナステリドは、日本ではプロペシアという商品名で販売されています。
AGAの原因は、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が過剰な皮脂を分泌することにより、毛穴が詰まり正常な毛髪の発育が妨げられてしまうことにあります。
フィナステリドはこのDHTの生成をストップさせる働きを持っているため、脱毛や薄毛の進行を抑えることができます。

 

フィナステリドが含まれているAGA治療薬として認可されているプロペシアには、ジェネリック医薬品(後発医薬品)があります。
プロペシアの元祖である海外のAGA治療薬「プロスカー」のジェネリック品も含めると数種類のジェネリック品がありますが、どれもプロペシアと同じようにフィナステリドを成分をしているためAGA治療に効果があります。日本のジェネリック品はあまりプロペシアと価格が変わらないため、さらに費用を抑えたい場合は、海外のジェネリック品を選ぶことでジェネリック品を安く購入することができます。

 

海外のプロスカージェネリックはいくつかありますが、その中でも特徴的なものが「フィンカー」です。
フィンカーは、プロスカージェネリックとして日本でも有名な「フィンペシア」を販売しているインドのシプラ社が手がけている医薬品ですが、その大きな特徴は1錠当たりのフィナステリドが5mg含まれている点です。
通常のプロペシアやジェネリック品は0.2mgか1mgが主流であり、フィンカーは1錠当たりのフィナステリド含有量が他製品に比べて最も多いことが特徴です。
しかし、フィナステリドの1日摂取量の上限は1mgと定められており、多く摂取することにより副作用のリスクが高まるため、このまま服用することは避けたほうがよいでしょう。

 

フィンカーは、1錠をピルカッターで4分割して服用するタイプの医薬品です。プロペシアは販売当初の参考価格として1粒250円と発表していましたが、フィンカーは1錠で4粒分の計算になるので、費用は購入サイトにもよりますが1回の費用が約9円と圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。
ただし、フィナステリドは妊婦や女性や胎児が触れると経皮吸収により身体に深刻な異常をきたす可能性があるので、家族構成や住環境によっては、カッターで分割が必要なフィンカーの購入は十分検討した上で行うようにしましょう。