AGA(男性型脱毛症)治療薬として有名な医薬品にフィナステリドがありますが、それよりも強力な効果があるといわれているものがデュタステライドです。

 

AGAの原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンです。このDHTが皮脂を過剰に分泌させ、毛穴がふさがれてしまい髪の発育が妨げられるため、脱毛や薄毛が発生します。
フィナステリドは、男性ホルモンのT(テストステロン)をDHTに変換する酵素(5αリダクターゼのU型)を阻害する働きがあるので、AGAの原因であるDHTの生成を抑える効果があります。AGAの直接の原因となるDHTの発生を阻害するため、脱毛や薄毛の進行を抑え、AGA治療に高い効果があることが証明されています。

 

フィナステリドは酵素の5αリダクターゼのU型にのみ抑制力を持ちますが、5αリダクターゼにはT型とU型があり、そのどちらにも抑制力を持つものがデュタステライドです。
したがって、フィナステリドよりもデュタステライドの方が、よりDHTの生成の抑制力が強く働く=より脱毛や薄毛の進行を抑えられる、と考えられています。フィナステリドにもデュタステライドにも発毛効果はありませんが、フィナステリド服用者の中に発毛が認められたケースもあるため、デュタステライドにはより強い発毛効果や育毛効果があるのではないか、と期待を集めています。

 

フィナステリドのAGA治療薬は日本ではプロペシア、海外ではプロスカーという商品名で販売されています。
デュタステライドのAGA治療薬はアボダート(アボルブ)という商品名で販売されていますが、そのジェネリック医薬品が「デュプロスト」です。アボダードと同じデュタステライドの効能があり安価で購入できるため、フィナステリドよりも強力な発毛力や育毛効果を期待する人に選ばれています。
ただし、デュタステライドには副作用があり、勃起不全、血管浮腫、乳房障害、じんましんや倦怠感などの症例の報告があります。フィナステリドよりも体内で作用する効力が強い分、その副作用や取扱いには十分注意する必要があります。