ロゲインのジェネリックである「ミントップローション」に関して

AGAの治療薬品には、フィナステリドをはじめとする内服薬や、外用薬があります。
飲み薬の場合AGAを抑制するフィナステリド、外用薬の場合発毛作用が認可されているミノキシジルが人気です。
元来はアメリカで血圧を下げるための血管拡張剤として作られましたが、発毛作用も見受けられたので、その分野にも進出しました。しかし、その仕組みは完全には解明されておらず、血管拡張効果に伴い、髪の毛の細胞が活発化しているという説が有力です。
AGA治療で人気のフィナステリドと薬としての働きが違うので、飲み合わせてAGA治療に力強く立ち向かう事が出来ます。
発毛剤としては、国内では大正製薬から「リアップ」が出回っており、需要が高いですが、その始祖となるのは、アメリカのファイザー社が売っている「ロゲイン」です。
そのロゲインのジェネリックが「ミントップローション」であり、インドのドクターレディ社が作り、売っています。
ミントップローション、ミントップフォーム、ミントップ、ミントップフォルテフォームなどの名前がありますが、すべて同じ製品です。ロゲインと同様にミノキシジルのような動きをするので、節約したい方向けです。
また、ミノキシジル外用薬品は1日2度頭皮に直に塗りますが、ミントップローションはローションなので、ビギナーでも扱いやすいものとなっています。
ミントップローションには、むくみ、アレルギー反応、頭皮のかゆみ、かぶれなどの副作用があります。しかし、飲み薬に比べれば重大な副作用のリスクははるかに低いです。
ミントップローションは、国内の薬局、医師などからの入手ができないので、ネットを使って買う事になります。