効果と危険性が高いミノキシジル内服薬品「ロニタブ」

AGA治療薬品としては、内服のフィナステリドと外用のものが有名です。
ミノキシジルは元来、血圧を下げるための血管拡張剤として作られましたが、発毛作用も確認され、発毛剤として転用される事となりました。
国内では大正製薬が「リアップ」という発毛剤として売っており、人気を集めています。AGA治療薬品としては、ミノキシジル外用薬品が出されることが多いです。
国内でAGA治療薬品として出されるミノキシジルは、頭皮に直に塗る液状形式の外用薬品であり、今のところ飲む形式のものは認められていません。
ミノキシジル外用薬品は、頭皮から体内に浸透するので、皮膚の保護機能のせいで吸収効率が下がる、という欠点があります。
ですからそれが気になる人には「ミノキシジルタブレット」がオススメです。
ミノキシジルタブレットは、国外で血圧を下げるための薬品と売られており、本来の役目とは異なりますが、飲んで身体の中に直接取り入れるので、ユーザからもその絶大な発毛作用が注目されています。
ミノキシジルタブレットのジェネリックに当たるのが「ロニタブ」で、インドのインタスファーマ社が売っています。ジェネリックですからミノキシジルタブレットと作用は同様で、ミノキシジルタブレットより安いです。
ただしデメリットも共通しており、ロニタブも身体の中に取り入れるので、身体への負荷は上がります。
ロニタブの副作用としては、循環器異常、むくみ、心臓の痛み、血圧低下などが挙げられます。このような症状を感じたら即座にロニタブの使用とストップしましょう。ロニタブは始めは5ミリグラムから試し、経過次第で10ミリグラムに移行するようにしましょう。