最新技術が盛り込まれた流行の発毛剤「爆毛根」

AGA治療に関する対抗手段は、AGAの要因である男性ホルモンの一種のDHTの発生をブロックする手段と、頭皮に有用成分を浸透させ発毛を促進する手段があります。
前者はフィナステリドという飲み薬を飲む方法、後者はミノキシジル発毛剤を使う外からのアプローチが中心でした。
そして今、両方の成分が入った薬として人気なのが「爆毛根」です。
爆毛根はアメリカのポラリス社が作った育毛剤です。
ポラリス社は有名なポラリスの技術を爆毛根に盛り込み、さらに発展させたのでAGAの改善に対する期待は大きいです。
強力なミノキシジルにも、外気に弱い、粒子が大き目で頭皮に浸透しにくい、というデメリットがありました。しかし、ポラリス社は、粒子を非常に細かくし、外気に触れても作用が残るようにミノキシジルの濃度をアップさせ、超強力なポラリスを作り、人気を集めたのです。
そんなポラリス社の最新鋭の発毛剤である爆毛根は、スカルプアルファという機材とセットで売られています。
爆毛根をスカルプアルファにセットすれば、頭皮に塗布する際、外気接触を極力抑える事ができます。
ですから、細かなミノキシジルの成分が、より身体の中に入りやすくなっています。加えて、普通は飲み薬としてDHTをブロックするフィナステリドよりも、もっと強力と見られているデュタステリドの成分を含有した外用薬品として、最初の発毛剤が爆毛根なのです。
爆毛根はこのように最先端の発毛剤であり、AGA治療の分野で存在感を増しています。