高濃度のミノキシジル発毛剤「ポラリス」に関して

AGA治療には、薬を用いAGAの根源を断つ方法と、頭皮に薬を塗布して発毛を促す2種の方法が主に存在します。塗り薬の場合でも、発毛に役立つ成分が含有された様々な製品がありますが、中でもポラリスが人気です。
ポラリスはアメリカのポラリス社作った発毛剤です。国内で買えるものでも、NR-07・NR-08・NR-09・NR-10・NR-11などがあり、タイプがたくさんあります。
差異はミノキシジル濃度にあり、ミノキシジル濃度が低いものほど、他の有用成分が多く含まれているので、個々にあったものを選びましょう。

 

そのためフィナステリドと併用して使う人もいます。

 


ミノキシジルは、元来、血管拡張薬として作られましたが、発毛作用も見受けられたので、その分野にも進出する事となりました。明確な理由は明らかになっていませんが、血管拡張に伴い、毛髪細胞が活発化するので、発毛作用があるのではないかと見られています。
ただ、効果は高くても、粒子のサイズが大きく、頭皮から浸透しにくく、外気に触れると効果が低下するという弱点がありました。
そこで、ポラリス社は独自の工夫でミノキシジル粒子をミクロ化し、外気接触にも強くするため、そもそものミノキシジル濃度を上げました。ポラリスはこのような経緯で生まれた強力な発毛剤なのです。
ポラリスにはミノキシジルが含まれており、副作用の理由の大半がそれです。頭皮の、痛み、かゆみ、炎症などがあり、ミノキシジル濃度が高いほどリスクも高まります。
ただ、飲み薬に比べ効果が穏やかですから、軽い副作用が多く、重い副作用は未だ確認されていません。