プロペシアの始祖「プロスカー」の作用と副作用を知りましょう

AGA治療では薄毛の要因となる男性ホルモンの一種であるDHTをブロックし、頭皮の状態を整え、脱毛や薄毛の悪化を効果的に防いでくれます。
フィナステリドは元来、アメリカで前立腺関連の治療薬品として作られました。そののちAGAにも有効な事が分かり、現在ではその分野で世界中に愛されています。国内ではAGA治療薬品限定で用いられており、製品名はプロペシアです。
プロペシアのパイオニアは「プロスカー」であると言えるでしょう。
プロスカーは1992年にアメリカのメルク社がやはり前立腺肥大関連の治療薬品として作り、同じ経緯で1997年にAGA治療の分野に進出しました。
国内では2005年にメルク社の日本法人である、MSD株式会社がプロペシアの販売をスタートさせました。
プロスカーはやはりフィナステリドの元祖であり、AGA治療薬品の走りなのです。
AGA治療に関しては、1日の制限摂取量は1ミリグラムまでです。対してプロスカーには、1ミリグラムと5ミリグラムがあります。ちなみ錠剤です。
前立腺関連に使うためには普通5ミリグラムの方を用い、AGA治療に使うのであれば、これを適度に割ってから使います。面倒な分安いので、オススメです。
プロスカーも副作用があります。例えば、射精障害、勃起不全、性欲低下などが挙げられます。肝臓で働くので、肝機能障害を誘発し、だるさや食欲の低下を引き起こす可能性もあります。
最も重大なのは、妊婦へのリスクです。妊婦が触れたり飲んだりした場合は胎児の男性器などに多大な悪影響が及びます。ですから妊婦がいる環境の場合は、最初から1ミリグラムのプロスカーを使った方が安全です。