女性の脱毛症用治療薬品「パントガール」の育毛作用

AGAは男性ホルモンが原因で起きるので、男性の方が薄毛の方が多い傾向にあります。ちなみにAGA人口は1000万人オーバーで、フィナステリドなどを使う人が増えています。
しかし、女性で薄毛に悩んでいる方も増えています。
女性の場合は、ホルモンバランスの乱れ、誤ったヘアケアなどが薄毛の原因で、男性のそれとはかなり異なります。
育毛剤には男女ともに使える物も多いですが、本来でしたら男女別の解決方法を取りたいものです。
女性の脱毛や薄毛の具体的な原因は、ストレス、老化、ダイエット、マズいヘアケア、出産などで、びまん性脱毛症や、分娩後脱毛症などが大半です。
男性のAGAはその性質上、一度かかれば悪化し続けますが、女性の薄毛は一過性のものが多く、ある精査によると成人女性の約4割がびまん性脱毛症を体験しているそうです。
びまん性脱毛症用の飲み薬が「パントガール」です。
パントガールには、女性ならではの薄毛を解消するための栄養分が含まれており、髪質をあげて、健全な髪の成長を促します。
Merz Pharmaceuticals社の臨床実験によれば、3か月継続してパントガールを使用した人の7割に抜け毛改善の兆しが見受けられたそうです。
パントガールには、ビタミンB類、タンパク質、アミノ酸などが独自配合されており、髪質を上げて髪の成長を補助してくれます。副作用もまずないので、安全です。
ちなみにパントガールの妊娠期間中の使用は厳禁なので、そこだけは気を付けましょう。