フィナステリド効果や副作用を実感した感想!

フィナステリド効果や副作用
実感出来た期間の感想検証!!
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
皆様はフィナステリドについてどういった感想をお持ちでしょうか?

 
フィナステリドでついて調べている方は大体、
薄毛治療でAGAや通販でフィナステリドを買おうと思っている方だと思います。
 
 
フィナステリドの効果や副作用については後で説明しますが、
結論としては
 
「フィナステリドの使用は1番最後が良い」
 
と、いう事です。
 
フィナステリドの副作用ですが、
 
・精力減退
・勃起不全

・精子減少
・胎児への影響
・うつ病
 
などがありますが、
胎児への影響
うつ病
にだけは本当に注意してください。
精力減退、勃起不全、精子減少は副作用が出ても生活に支障は出ませんが、
うつ病だけは約1%の人は発症しています。
1%と聞くと、少ない様に思いますが
うつ病は心の病気ですので、医師の診断で初めてうつ病と認定されます。
 
「ヤル気が出ない。」
「身体がだるい。」
などの症状を感じていても医師の診断を受けていない人は

フィナステリドの副作用と認定されないので、
その予備軍も含めれば、
5%異常の人が発症していてもおかしくありません。

 

 

 

フィナステリドは本来、前立腺がんや前立腺肥大の治療薬として使われていました。しかし患者さんの中に髪の毛が黒くなり薄毛が改善したという人が多くあらわれ、調べた結果AGA(男性型脱毛症)に効果があることがわかりました。20代や30代の若さで発症する脱毛症を若年性脱毛症、30代や40代で発症するタイプを壮年型脱毛症とよんでいます。
フイナステイド
この二つのタイプを総称してAGA(男性型脱毛症)と呼んでいます。AGAは毛髪が通常のサイクルより早く抜けてしまう症状です。数年かかって抜けるはずの髪の毛が数か月で抜けてしまい、最終的に髪の毛が細くなり生えなくなってしまいます。このAGAの原因は男性ホルモンにあります。男性ホルモンが変化してできた物質が髪の毛の育毛サイクルを乱してしまうのです。フィナステリドはこの男性ホルモンを抑制する効果があります。薄毛になって間もないほどフィナステリドの効果は顕著に表れます。まだ毛根が生き残っていると思われるのでフィナステリドでヘアサイクルを改善することができるのです。

 

フイナステイド
脱毛開始から5年から10年でほとんどの毛は脱毛してしまいます。また5年以上たつとフィナステリドの効果も届きにくくなってしまいます。逆に言えば、5年以内ならAGAを改善できる可能性は十分にあります。善は急げというように一刻も早くフィナステリドでAGA対策をすることが求められるのです。産毛が表れるには3か月ぐらいかかり、半年を過ぎると大半の人がはっきりと毛が生え始めます。AGAの治療薬で似ている薬にミノキシジルがあります。ミノキシジルは発毛促進効果はありますがAGAの進行を止めることはできません。一方フィナステリドはAGAの進行をとめるが発毛効果が十分ではないというデータがあります。どちらも優れた治療薬ですが役割が違うので、どちらがより効くということはありませんミノキシジルとフィナステリドのふたつの組み合わせの効果は脱毛関係の治療としては定番になっています。
フイナステイド

 

耳鳴りなどの副作用の無いフィナステリドの脱毛防止効果

耳鳴りなどの副作用の無いフィナステリドの脱毛防止効果
フィナステリド効果副作用
フィナステリドは、大変効果の高い薄毛治療の薬です。これは薄毛の原因とされる男性ホルモンの生成を妨げる為で、酵素の作用に変化を与え、体内で薄毛の原因となるホルモンの生成をシャットダウンしてしまう働きが見られます。
フィナステリドは、本来は前立腺肥大の症状に処方されていた医薬品であり、前立腺に発症する悪性腫瘍などに対しては、より多くの量が適用されます。そのため、臨床データも豊富で、作用機序などの面でも、その優れた働きが医学的に解明されています。
この医薬品の働きが顕著なるのが、若年層の脱毛です。とくに、二十代の脱毛は、男性ホルモンの働きが過剰になっているケースが見られるため、フィナステリドが効果的に働くのです。フィナステリドはホルモンの生成をはじめ、体内でのホルモンの結合を防止するため、抜け毛の改善に繋がります。
フイナステイド 副作用

 

このフィナステリドの作用から、脱毛を食い止める大きな効果が見られますが、フィナステリドは発毛を促すものではありません。そのため、男性ホルモンの過剰な働きが原因により薄毛が進行している場合には、大変有効な医薬品ですが、生活習慣が関連するような抜け毛には、発毛効果に有効な成分が含まれた育毛剤を併用する事も大切です。
また、フィナステリドの副作用には幾つかの特徴が挙げられます。前立腺の治療目的とは異なり、低い容量が使用される場合は、この医薬品を使用しても重篤な副作用が見られません。

 

フイナステイド 副作用
しかしながら、フィナステリドの副作用として腹部の不快感や性欲減退などは、低い用量でも見られる症状で、頻度は低くなりますが一定の割合で発症する可能性があります。フィナステリドには、そのほかの薄毛改善の医薬品に見られる、耳鳴りなどの症状が出るケースはなく、この点からも高い信頼性が伺えます。フィナステリドは身体機能に大きな支障を来たすものではなく、癌治療の分野の臨床試験からも医薬品としての安全性が高い事が証明されているために、薄毛治療目的では安心して使用できるものです。フィナステリド効果副作用

フィナステリドによる初期脱毛について

フィナステリドによるフイナステイド 初期脱毛について
フィナステリド効果副作用
多くの男性が薄毛で悩んでいますが、最近は医療機関で薄毛の治療ができるようになってきています。医療機関でフィナステリドなどの薄毛の治療が行えるようになった背景には、薄毛の症状の一つであるAGAに有効な薬を処方することができるようになったからであると考えられます。このAGA治療薬はフィナステリドという成分を含む薬が処方されていますが、フィナステリドを服用をすると抜け毛が減ったり、徐々に髪の毛が太くなったりしていきます。理由としては、フィナステリドが体内の薄毛の原因とされる酵素の働きを阻害することによって、薄毛の成長を促すことができるためと考えられます。

 

ですから、フィナステリドを服用していけば、これまで成長が止まっていた髪の毛の成長を促進させることができます。しかし、フィナステリドの服用を開始した直後は効果の代わりに副作用として初期脱毛の症状が起こることがあります。このようなフィナステリドの副作用の症状が起こるということを知らなければ、フィナステリドを飲んだせいで髪の毛が抜けたということでショックを受けてしまうかもしれません。しかし、この初期脱毛はこれまで弱っていた髪の毛が抜けて、新しく太い髪の毛が生えてくる前段階であるため、それほど心配する必要はありません。初期脱毛が終わって、しばらくすると太い髪の毛が生えてくるようになりますから、徐々に薄くなっていた髪の毛が目立たなくなってきます。

 

フイナステイド 初期脱毛
ただし、どのくらいの初期脱毛が起こるかということは個人差がありますから、気になる場合は、医療機関でフィナステリドを処方してもらって、通院しながら現在のフィナステリド効果の髪の毛の状態をチェックしてもらいながら治療をするとよいでしょう。一番の重要なポイントとしては、フィナステリドを服用して、初期脱毛が始まった時にすぐに止めてしまわないことです。フィナステリドの服用を中断してしまえば、初期脱毛状態が回復せず、薄毛が進行して行ってしまう結果にもなりかねないからです。初期の段階でフィナステリドの副作用で脱毛が起きて、薄毛が目立つのが気になるのであれば、服用を開始した直後は薄毛をカバーする粉やスプレーなどで目立たなくするといった工夫も考えられます。フィナステリド効果副作用

 

フィナステリドの甲状腺機能への影響と副作用の低さ

フィナステリドの甲状腺機能への影響と副作用の低さ
フイナステイド 甲状腺機能
フィナステリドは脱毛の要となる男性ホルモンの生成を抑え、過剰な皮脂の分泌をストップさせます。典型的な脱毛の原因は、皮脂が毛穴を塞いでしまい、新たな髪の毛が生えづらくなってしまう事が大きな要因として挙げられるため、フィナステリドの効果として男性ホルモンの分泌を阻害することが大変重要になるのです。
脱毛のトラブルを改善するには、毛髪の成長する周期にも配慮しなければなりません。これは髪毛の成長期を最大限活かして発毛に役立てる事が重要で、丈夫な毛を育むためにも、育毛を妨げる要因を適切なタイミングで排除しなければならないのです。皮脂は育毛に大きな妨げとなり、細く短い毛を育ててしまいます。この細い毛が継続した周期で生えてくることで、髪の毛が上手く成長できなくなってしまい、短期間で抜けてしまうようになるのです。

 

フイナステイド 甲状腺機能
そのため、抜け毛のトラブルが目立つようになります。この発毛のプロセスは頭皮に周期の短い髪の毛を残してしまい、その結果として、全体的な薄毛が進行してしまうことになるのです。
発毛周期の乱れた頭皮の状態では、丈夫な毛髪が成長する事ができなくなってしまい、発毛に不向きな毛根が増えます。そのため、頭皮の毛の総数が減少してしまうのです。男性の脱毛は前頭に多く、頭頂部に目立つ変化が起きやすいものです。これは女性に起こる薄毛とは異なる特徴で、男性ホルモンの影響が大きな事を示唆しています。その結果、男性型の薄毛の特徴を持つ場合は、ホルモン分泌を阻害するフィナステリドの活用が有効です。

 

フイナステイド 甲状腺機能
フィナステリドには幾つかの副作用も報告されています。これは治療目的で多くのフィナステリドが使用されたケースが大半で、低血圧や倦怠感などを招く可能性が示唆されています。そのため、低用量の育毛を目的とした場合とは異なりますが、万が一に備え、甲状腺機能に障害がある方や、心臓疾患の持病がある方の場合は、重篤な副作用を回避する為にも、事前にドクターの診察が必要になります。

フィナステリドと肝機能障害の関連性

フィナステリドと肝機能障害の関連性

 

 

フィナステリド 肝機能 
フィナステリドは男性型脱毛症のための薬で副作用として肝機能障害があるとされているので、最初の1ヶ月で副作用が出ないかを確認してから長期間の処方が可能となります。美容外科の場合は血液検査などがされるのでフィナステリドによる肝機能障害にすぐに対処することができますが、インターネットで手に入れた場合には肝機能障害が起きていないかを自分で確認しなければなりません。フィナステリドは男性ホルモンによって分泌される発毛を阻害する物質の働きを阻害する効果があるので、男性型脱毛症の治療には積極的に処方されています。
フィナステリド 肝機能 
日本ではフィナステリドは発毛ではなく、細くなった髪の毛を太くする効果があるということで、認可されているので太い毛を増やすことができますが、発毛に関しての効果は厚生労働省には認められていません。男性型脱毛症の治療のためにフィナステリドを服用する場合には最低でも半年間の継続が必要とされていて、半年でフィナステリドの効果が実感できない場合には処方を変更したり、マッサージなどの施術をメインにするなどの対処をすることになります。フィナステリドは全ての患者に対して効果があるのではないのですが、90%程度の患者が一定の効果を実感しているので、他の育毛剤などと比べると薄毛の改善に効果があるとされています。男性の薄毛に関しては男性ホルモンだけが原因ではないので、生活習慣を改善したり、食生活や睡眠時間を見直すことも重要になります。
フィナステリド 肝機能 
またストレスを受けることで頭皮の血流が悪くなるので、必要な栄養素が頭皮の細胞に行き渡らなくなります。また家族に薄毛の人がいる場合には遺伝的な要素もあるのですが、頭皮の健康を意識して健康的な生活を送ることで薄毛の進行を遅らせることができます。フィナステリドは副作用の心配があるので、薬に頼らない育毛方法などを身につけることも大切です。またフィナステリドは服用を中止すると薄毛の進行が始まるので4年以上フィナステリドを服用を継続しなければなりません。

 

フィナステリドの副作用と妊婦への影響

薄毛が少しずつ進行していくと、周りの目が気になったり、中には外に出るのも嫌になってしまう人もいます。これまで、このような薄毛にはこれといった対処法はありませんでした。しかし、最近では、薬を服用することによって薄毛を改善させる可能性を見出せるようになってきました。ですから、これまで薄毛を気にして、諦めていた人にも希望があるということになります。現在薄毛に効果的であると言われている薬には、フィナステリドという成分が含まれています。この成分を服用すると、体内の髪の毛の成長を阻害している酵素の力を制御することになりますから、再びしっかりとした太くて力強い髪の毛へと成長を促すことができるようになります。費用についても、フィナステリド配合のジェネリック医薬品を自分で購入することができますから、経済的な負担もわずかで済みます。ただし、フィナステリドを服用する際の注意点として、まず女性は薬を服用することができないということが挙げられます。ですから、女性が間違って飲まないように薬を管理する必要があります。特に女性が妊婦の場合は、女性だけではなく、赤ちゃんにも影響を与える可能性がありますから絶対に服用しないようにしなければなりません。また、フィナステリドの場合、あまり重篤な副作用の心配はないと言われていますが、性欲の減退や精子の減少、肝機能への影響などが副作用として挙げられるので注意が必要になってきます。特に注意しておきたい点としては、妊婦への影響です。例えば、精子の減少が副作用としてある場合は、妊娠が困難になってしまうことが考えられます。最近では、多くの医療機関で精子の数を検査することができるようになってきていますから、フィナステリドを服用していて、今後子供が欲しいという希望があるのであれば、一度検査をしてみると良いでしょう。もしくは、子作り期間中は、フィナステリドの服用を中断して、サプリメントなどでカバーしたりといった工夫をしてみると良いでしょう。

フィナステリドとサプリメントの併用が効果的

育毛対策にフィナステリドのような薬以外にもサプリメントの種類が増えてきており、精力減退を抑えたり、薄毛対策に効果があると言われるサプリメントが、近年注目を集めるようになってきています。
これらのサプリメントを実際に飲まれた方の感想は、生え際部分の産毛は増えたが、髪の毛がフサフサになるまでにはいかなかった、そんな声が多いようです。
やはりまだまだフィナステリドの効果が高い証拠だと言えます。

 

サプリメントを飲むことによって、男性ホルモンの分泌を調整させ、それによって発毛の効果は若干見られるのですが、サプリメントだけでは頭皮や髪の毛が健康な状態になるまでの栄養を補給することが出来ていないのです。
発毛で最も大事なことは、髪の毛ばかりに栄養を与えるのではなく、髪の毛が生えてくる部分の頭皮にきちんと栄養を与えてあげることです。
頭皮環境を整えることを考えた場合、やはり育毛剤やフィナステリドのような育毛薬が最も効果を表すと言えます。
もちろん、普段の食生活で髪の毛が生えるような頭皮環境をつくってあげることも大切です。
育毛剤を使用する際は、頭皮の血流を良くしてあげることを意識するようにし、しっかりとマッサージを行いながら育毛剤を浸透させてあげることが重要です。